小規模企業景気動向調査|令和元年6月期

~製造業・サービス業の悪化が響き、2か月連続の悪化となった小規模企業景況~

調査概要

調査対象:全国約300商工会の経営指導員
調査時点:2019年6月末
調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

産業全体

6月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の資金繰りDIがわずかに改善したものの、それ以外の業況DI、売上額DI、採算DIは悪化した。特に、製造業・サービス業の悪化幅が大きかった。昨年の西日本豪雨のような大規模な被害こそ無かったが、北陸地方、九州南部を中心に大雨が目立ったのをはじめ、全国的に天候不順が続き、野菜価格の高騰が生じている。また、米中の貿易摩擦や6月末に表出した韓国向け輸出管理等、国際情勢の先行き不安や10月の消費増税に向けた動きを取り上げたコメントが目立った。

(全国商工会連合会より)

産業別レポート

icon_pdf小規模企業景気動向調査レポート|令和元年6月期.pdf(PDF:315kb)

グラフ

icon_pdf小規模企業景気動向調査グラフ|令和元年6月期.xls(XLS:315kb)

景気動向トレンドグラフ(10年推移)

icon_pdf小規模企業景気動向トレンドグラフ|令和元年6月期.pdf(PDF:143kb)