小規模企業景気動向調査|令和元年7月期

~3カ月連続の悪化となった小規模企業景況~

調査概要

調査対象:全国約300商工会の経営指導員
調査時点:2019年7月末
調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

産業全体

7月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の各項目大きな動きはないものの、産業全体の業況DIが3カ月連続の悪化となった。消費税の駆け込み需要の兆候が徐々に出始めていることと、軽減税率の対象となる業種では対応に追われている状況が顕著になってきている。例年と比べると梅雨明けが遅く、天候不順と日商不足が続いたことや、梅雨明け後の急激な猛暑により野菜の価格高騰が小売業の景況感に影を落とした。一方で、洗濯業をでは、天候不順で需要が増加し、売上を伸ばしたとのコメントが目立った。

(全国商工会連合会より)

産業別レポート

icon_pdf小規模企業景気動向調査レポート.pdf(PDF:323kb)

グラフ

icon_pdf小規模企業景気動向調査グラフ.xls(XLS:315kb)

景気動向トレンドグラフ(10年推移)

icon_pdf小規模企業景気動向トレンドグラフ 19年7月.pdf(PDF:143kb)