平成30年度中小企業実態基本調査への協力依頼について

中小企業実態基本調査は平成16年度から実施している一般統計調査で、今年度で15回目を迎えます。本調査は、中小企業全般の経営等の実態を明らかにし、中小企業施策の計画・立案のための基礎資料を提供することなどを目的に実施されるものです。
調査対象となる企業は、中小企業庁が調査対象業種に含まれる約320万者の中小企業者の中から選定した約11万者で、7月下旬以降、調査対象企業宛に調査票が直接郵送されます。
つきましては本調査の種子をご理解いただき、調査の実施にご協力いただきますようよろしくお願いします。