情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン

テレワークについては、育児・介護との両立も含めワーク・ライフ・バランス を実現するための多様な働き方を可能とするものであり、平成28年6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」等において、その普及促進が求められています。

また、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)においても雇用型テレワークのガイドラインの刷新と導入支援を実施するものとされているところであり、厚生労働省においては平成30年2月に「情報通信 技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」(以下「テレワークガイドライン」という。)が策定されました。

今般、「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」(令和元年7月12日基発 0712 第3号)により「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」(平成 14年4月5日基発第 0405001 号)が改訂されたことに伴い、 テレワークガイドライン周知用パンフレットの該当ページが改訂されましたのでお知らせします。

icon_pdfテレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン.pdf(PDF:3Mb)

icon_pdf労働基準関係法令の適用及び留意点等.pdf(PDF:1019kb)