労使紛争の解決に労働委員会の相談やあっせん制度をご利用になれます。

労働組合との団体交渉の経験のない中小企業が、個々の労働者の労働条件をめぐって労使紛争に直面するケースが増えています。

労働委員会とは

労働委員会は労使間のトラブルを解決するための行政機関で、法律によって都道府県に設けられた都道府県労働委員会と厚生労働省の外局の中央労働委員会があります。都道府県労働委員会は都道府県内の労使紛争を、中央労働委員会は都道府県にまたがる大型紛争などを扱います。

労働委員会が行うあっせんの特徴

①労働問題について専門知識や経験をもつ公労使の3つの立場の委員がいます。使用者委員は、会社の主張を伺って、各委員と協力して労使の合意形成をサポートします。

②第三者である労働委員会の委員が関与することで、当事者は冷静な判断ができるようになり、使用者と労働組合の信頼関係の構築・維持にも役立ちます。

③あっせんに参加することにより問題の解決につながるとともに、実際の交渉を通して、労働法や団体交渉のノウハウも学べます。

④あっせんは原則非公開です。

⑤あっせん申請は無料です。

資料

icon_pdf添付資料1:周知リーフレット(中小企業の皆様へ).pdf(PDF:89kb)

icon_pdf添付資料2:周知リーフレット(漫画版).pdf(PDF:594kb)