兵庫県の新型コロナウィルス感染症への対応について

(3月1日)新型コロナウイルス感染症が疑われる西宮市内の患者について、県立健康科学研究所で検査したところ、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。現在、患者は感染症指定医療機関に入院中です。

兵庫県の対応

知事を本部長とする「兵庫県新型コロナウイルス感染症対策本部」を20時に設置し、「同本部会議」を開催。

知事メッセージ

本日、県内で初めて新型コロナウイルス感染症患者の発生が確認されました。現在、西宮市等と連携し、感染経路や濃厚接触者を調査しており、調査 結果を踏まえ、感染の拡大防止に全力で取り組みます。
また、患者発生に伴い、知事を本部長とする「対策本部」を立ち上げました。引き続き、専門外来やベッドの確保等の検査・医療体制の整備、相談窓口の設置などの対策を強力に進めます。

県民へのお願い

県民の皆様には、国や県、市町から発信する情報を基に、冷静に行動していただくとともに、手洗いや咳エチケットを徹底し、発熱等の風邪症状がみられる場合は、外出を自粛してください。

感染を疑う場合は相談センターへ

新型コロナウイルス感染を疑う場合は、医療機関を受診する前に、帰国者・ 接触者相談センター(健康福祉事務所・保健所)へ相談してください。

不明な点はコールセンターへ

新型コロナウイルス感染症についてご不明な点等があれば、県が設置している、24 時間体制で相談を受け付けるコールセンター(相談窓口 078-362-9980)にお問い合わせください。

今後とも、関係機関と緊密に連携し、県民の皆様の安全を最優先に、感染拡大防止に向けて迅速かつ的確に対応していきます。

関連資料

icon_pdf知事メッセージ).pdf(PDF:49kb)

icon_pdf02 当面の対策(要約版).pdf(PDF:131kb)

icon_pdf03記者発表資料.pdf(PDF:50kb)