軽減税率に対応していないレジは買替・改修が必要です。|レジ補助金

10月から軽減税率制度が実施されるにあたり軽減税率対象商品を取引する場合、「標準税率」と「軽減税率」を区分した請求書や領収書の発行が必要となります。

今、軽減税率対応のレジに買替・改修すれば国の補助金が使えます。

補助内容

レジ1台あたり20万円まで。原則、費用の3/4を補助

icon_pdf軽減税率対策補助金(チラシ).pdf(PDF:709kb)

軽減税率対策費補助金(レジ補助金)の補助対象期間について

本補助金の補助対象要件となっている 2019 年 9 月 30 日までの設置(導入・ 改修)、支払い期限については、以下のとおり変更となりました。

軽減税率対応レジ・券売機の導入・改修の支援

【変更前】

2019 年 9 月 30 日(月)までにレジ・券売機の 設置(導入・改修)、支払いを 完了 し、2019 年 12 月 16 日(月)までに補助金を申請する。

【変更後】

2019 年 9 月 30 日(月)までにレジ・券売機の 契約等の手続きを完了 し、2019 年 12 月 16 日(月)までに補助金を申請する。

請求書管理システムの導入・改修の支援(※)

【変更前】

2019 年 9 月 30 日(月)までに請求書管理システムの 導入・改修、支払いを完 了 し、2019 年 12 月 16 日(月)までに補助金を申請する。

【変更後】

2019 年 9 月 30 日(月)までに請求書管理システムの 契約等の手続きを完了 し、2019 年 12 月 16 日(月)までに補助金を申請する。

icon_pdf消費税軽減税率対策費補助金(レジ補助金)の手続き要件の変更について.pdf(PDF:135kb)

icon_pdf補助対象期間.pdf(PDF:121kb)